MENU


  • 業種を問わずクラウドサービスの活用が広まる中、需要が高まっているのがクラウドに関する知識とスキルを持ったエンジニアや有識者です。しかし、クラウドのスキルを生かして活躍をしようにも、スキルの保有を対外的に伝えられなければ活躍の場にたどり着くのも難しくなってしまいます。

    今日では政府のシステム調達においてクラウド・バイ・デフォルト(クラウドファースト)を掲げており、クラウドに関するスキルを示せるかどうかで就職・転職にも大きな影響が出ることが考えられます。

    続きを読む→
  • ITILファンデーション(ITIL Foundation)はITサービスマネジメントにおける知識およびITILに関する理解度を問われる試験、資格です。

    ITサービスの管理者および関連業務につくエンジニアが対象となっており、ITサービスマネジメントのスキルを第三者から証明することが可能です。ITサービス管理者、エンジニアのキャリア形成や転職といったシーンで役立つ資格といえます。

    本記事ではITILファンデーションとはどの様な試験なのか、受験料、勉強方法、試験日などについて解説します。

    続きを読む→
  • Linux技術者としてのスキルを示すことのできる資格としてLPI認定資格(LPIC)があります。グローバルな資格として認められており、ベンダーフリーなオープンソースに関しての認定資格です。

    スキルを第三者の立場から証明してくれる資格ですので、エンジニアのキャリア形成や転職といったシーンで役立てることができます。本記事ではLPICとはどの様な試験なのか、受験料、勉強方法、試験日などについて解説いたします。

    続きを読む→
  • IT関連の資格試験を受験することを検討していると時々目にするのが「バウチャーチケット」というキーワードです。試験申し込み手続きに関連して登場するため、受験に必要そうなことは分かるのですが、どの様な仕組みになっているのでしょうか。

    本記事ではバウチャーチケットとはどの様な仕組みか、利用できる試験やメリットについて解説いたします。

    続きを読む→