MENU


  • 業種を問わずクラウドサービスの活用が広まる中、需要が高まっているのがクラウドに関する知識とスキルを持ったエンジニアや有識者です。しかし、クラウドのスキルを生かして活躍をしようにも、スキルの保有を対外的に伝えられなければ活躍の場にたどり着くのも難しくなってしまいます。

    今日では政府のシステム調達においてクラウド・バイ・デフォルト(クラウドファースト)を掲げており、クラウドに関するスキルを示せるかどうかで就職・転職にも大きな影響が出ることが考えられます。

    続きを読む→
  • IT技術の活用において、もはや外せなくなったのがクラウドサービスの活用です。ITエンジニアのキャリア構築においても、クラウドサービスに関するスキルは重要視されるポイントとなっています。

    様々な企業により提供されるクラウドサービスですが、その中でも最も人気が高いのがAWSです。Amazonによって運営されるサービスで、PaaSやストレージ、データベースなど幅広いサービス種類を展開<しています。

    このAWSに関する知識・スキルの保有を示すことができる資格として、AWS認定資格があります。Amazonによって認定されており、ITエンジニアやサービス管理者などにとってキャリア構築に役立つ資格です。

    本記事ではAWS認定資格について、試験の種類、難易度、試験日、有効期限、合格率などの情報を記載しています。

    続きを読む→